忍者ブログ
~Baseball is my life~
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人を守るためには、そして育てるためには、守ろうとするだけではダメ。育てようとするだけではダメ。

それを学んだ。

守るためには、盾を前に出しているだけでは守れない。

育てようと背中を押しているだけでは育てられない。

守るためには、盾ではなく、むしろ矛を出さなくてはいけない。

育てるためには、前に出て戦い引っ張っていくことを忘れてはいけない。

つまり、守るにも、育てるにも、前に出て戦わなくてはいけない。

当たり前のことだと思うけど、俺はその点で未熟だった。そう感じた。それに気づいた。

誰かを、何かを守るには、それを守ろうとしていては結局、守れない。その時、守れたとしてもまた攻められて、攻められて・・・・・いつかは守りきれなくなってしまうのではないだろうか。というのも、守ろうとしているから前に進んでいないし、自分自身が強くならない。

だから、守るためには、戦わないといけないんだ。前に出て、前に出て、戦って守る。そうすることで強くなり、もっとしっかり強固に守ることができるんだ。

育てることも同じ。背中からバックアップしていては、なかなか進まない。時には、自分が前に出て、戦い、引っ張っていかないといけないんだ。その姿こそ、一番の鏡となるし、また共に前に進み成長できる。

つまり、前に出て、戦い、進むこと。守るために、育てるために、これらが必要なんだ。

俺は、守るために、守ろうとしていた。育てるために、後ろからバックアップしていた。

それだけでは、ダメだ。

それに気づいた。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お初です
色々考えてますなぁ!!
人を育てるねぇ…
俺の課題でもあり、一生付きまといそうだ…

「守る」ことは絶対に必要なことだと思いますよ!!
また、試練を与えるのも必要だと思われます。

そして、引っ張って環境を与えるだけでなく、
「自分で考えて、行動すること」を
学ばせる必要もあるかもね。


まぁ、相手にもよると思うけど…
「叩き上げる」つもりが、「叩き潰す」ことにもなりうるってことを
知っておくのも良いと思います。

そうならないように、KJがバックアップしてあげれば
お互いに成長できるかもね~
hiro 2006/09/13(Wed)01:41:39 編集
Welcome
コメントありがとう。
難しいよね。
これはいろいろな経験、人に会って、その中でどう感じて、そしてそれを自分の中でどう消化・吸収し、出していくか、そして人を思いやり、そして何かを与えることができるかだと思うんだよね。
難しいね~。
KJ 2006/09/15(Fri)22:07:50 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/21 Fritz Whitney]
[04/30 KJ]
[04/23 Q]
[01/01 army jerseys]
[10/30 KJ]
プロフィール
HN:
KJ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]