忍者ブログ
~Baseball is my life~
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分の歩んできた道

それを他の誰かが 同じ道をたどりたいって思うこと

これって、すごくうれしいこと。

僕のアメリカでの修行が、他の誰かにも大きな夢や目標達成のための手段として、
他人に評価され、その道をいこうとしてくれる、しようとしている人がいる。

それだけでも、僕はアメリカに行ってよかったなと思う。

僕が作った道を 他の人が歩く。

それって、すごいことかもれないな~。

これって、僕がこれからもずっとしていきたいことでもあり、
そういう存在になっていきたいな~ という理想の一つかもしれない。

そういう存在になるために、
そういう道をまたつくれたらいいな。

PR

この世界のあらゆる勝負に絶対はない。

時々、
「番狂わせ」

という言葉を耳にするが、勝負に絶対はないのだ。

どんなに圧倒的な強さを誇っていても、その勝負事においては何が起こるかわからない。

特に野球は。
だから野球は面白いんだ。
特に甲子園。
だから 最高のドラマ、感動が生まれる。

そして、メジャーリーグ。
そこには 大きな夢がある。

もちろん、日本のプロ野球だって。

でも、その中で、正直言って、日本の高校野球は格別だ。
また、メジャーリーグも。
僕は、日本の高校野球とメジャーは少し似ているところがあるような気がしてならない。

それはどういうことかというと・・・・・
まず・・・・

絶対に諦めない、何が起こるかわからない、がむしゃらな全力プレー、

高校野球はもちろん完璧ではない。思わぬことが起きることもある。
彼らのその全力プレーは奇跡を起こす。
メジャーは、世界の最高峰。そこでのプレーはどれも最高級だ。
その彼らのそこに挑む気持ちはすごい。またメジャーと言う一見華やかに思える場所も、一歩下がれば、
マイナーという地獄のような厳しい世界が待っている。

高校野球も、メジャーも、一つのことがきっかけで試合が大きく動く。
右にも、左にも・・・・大きく揺れ動く。
最終回、2アウトから逆転したり、8点差つけられていた試合をひっくり返したり。

最終回に、3人連続でホームランを打って追いつき、最終的にはサヨナラで勝利するなど 神がかっている。
でも、こういうことが起きるのが メジャーである。
延長で表が3点を取り、勝負ありかと思えば、裏の攻めで追いつく。
この粘り、熱い戦い、甲子園。

がむしゃらな全力プレーほど人の心をうつものはない。

さて、冒頭に戻って、勝負に絶対はないということだが、
こういう気持ちがあれば、勝負と言うものは、どっちに転がってもおかしくないのだ。

今日、今回の甲子園のなかで、155キロを出す注目投手も引きいるチームが負けた。
もちろん相手は強豪校だ。

でも、150キロ近い球を投げる投手を打つのはそう簡単なことではない。

投手は一人で試合を作ることができ、決めることができる唯一のプレーヤーなのだが、
それが当てはまるのは 日本のプロ野球だけかもしれない。

高校野球は、どんなに絶対的な力をもった投手がいても負ける。
その理由は、
高校生だから。
総合力での戦いでもある、つまりチームプレーだから。

何を書きたいのかわからないが、
つまり 野球は面白いってことだ。

日本のプロ野球ももちろん面白いが、
プロよりも高校野球が好きという言葉は正直、よく聞く。

プロは 高校野球から学ばなくちゃいけないこともあるように思う。

がむしゃらな全力プレー。全試合全力。
そこから生まれる、予期せぬ展開、奇跡。
またさらにそこから生まれる感動。
そして、夢、勇気が人々の心に生まれる。

9回2アウトからの奇跡など、そう起こるものではないが、
そういう期待を僕たちの心に抱かせる・・・そういうプロ野球になってほしい。
甲子園、メジャーには、そういう期待があるのだ。



とうとう夏のこの季節がやってきた。
心を熱くする戦い、甲子園。
夢と勇気、そして多くの感動、ドラマが生まれる筋書きの無いこの甲子園。

この季節がくるたびに、僕もあのときのことを思い出す。
といっても、甲子園にいったわけではないのだが。。。

今日は、久しぶりの更新ですが、、、、
僕は、またなんとか0からスタートがきれるように、、、、そういう準備をしています。

なんとか0から・・・・・・
つまり、いまは、0以下ということ。

僕は、いまや マイナスの位置にいる。
崖から谷底に落ちた。
でも、運よく・・・・・その崖の岩壁から生えていた木の枝にひかかった、そんな感じだ。
そして、今からその岩壁を這い上がっていこうとしている。

夢を追うこと。
そうできないことってどういうことなのだろうか・・・・それがこの数ヶ月でわかった。
夢はあっても、目指すことも、追うこともできない・・・・それがどういうことなのかわかった。

俺のいいところなんて、、、、、まっすぐ夢に向かって走ることくらいだ。
別に自慢できるような能力もなければ、強さもない。
ただ目を輝かせて生きること。これが俺の生き方。

それを失ったら・・・・・・・・俺は・・・・・・俺でなくなる、そんな気がする。
この数ヶ月、俺は夢を失ったような気がした。全てを捨ててしまおうとさえ思った。
夢も、恋も、あらゆる全てを捨ててしまおうと。

また、これまで夢を追える環境であったことに気がついた。
家族、友人、あらゆる全てが僕に力をあたえてくれていたんだということを改めて実感した。

そして、今。
今度は、それらを踏まえて、もう一度、自分の夢を追えるように、そういう位置にいけるように頑張る。

自分に素直に、なりたい自分になるために。

苦しい日々から、少し抜け出せた気がした、ここ最近。
良き友と、家族、そして僕を勇気付けてくれる全ての人に感謝し、何か形にすることで恩返ししたい。

いつか、
僕が監督になって。。。。そして、その試合を観に来てもらいたいな。

そう、やっぱり、僕の大目標は野球なんだ。
グランドの中にいることなんだ。

いつかこの今の季節を
僕にとって最も楽しみであり、熱い季節にしたいものだ。

Baseball Parkへようこそ。

一番戦いたいフィールドを目指して。

もちろんそのフィールドに立つ前にやらなくてはいけないことは山ほどあるけど、
いち早くその場所に立てるように、これから生きていきます。

何も考えずに、自分の気持ちに素直に・・・・・。

僕は、これまで いろいろなものを見てきた。
もしかしたら、いろいろなものを見すぎてしまったのかもしれない。

留学前、指導者になりたくて・・・渡米した。
留学を終え、1年半が過ぎ、気がつくと僕は野球の中にいない。

スポーツのビジネスの世界も見た。魅力を感じ、日本の活性化のために・・・・という想いもでてきた。

でも、それが本当に僕のやりたいことなのか・・・・。
いつまでも、あれもこれもと、迷っているわけにもいかないし、
2兎追うものは・・・・という言葉もあるが、実際 2兎どころか、3兎も、4兎も追っている自分がいる。
そこにあらゆる可能性を求めていたのだが・・・・・。

気がつくと、自分を見失っていた。
そうならないように・・・・って気をつけていたのに・・・。

今、僕はある意味特別なトライをしてはいるが、、、
僕はキレイなかっこいいスーツを着たいわけではない。
大金持ちになりたいわけでもないし、地位や名誉を求めているわけではない。

野球と最愛の人と一緒に笑えればいい。そして家庭を気づいて幸せになれればいい。
普通に過ごせればいい。

かっこいいスーツ姿で仕事をする姿に魅力を感じてもらうより、
好きな野球をしていたり、そこを目指している僕に魅力をかんじてほしいと思う。
そういう意味では、今の僕は自分自身に魅力はないと思うし、魅力を感じてくれたとしても、
それは、僕の本来の光ではないような気がするし。
そこを認めてというか、理解というか、魅力を感じてくれる女性と共に人生をおくれたらって思うし。

だから、そういう自分で生きていかないと、僕にとっての最愛の人と一緒になれないし、出会うこともできないだろうな。

ちょっと話は、ずれたけど、
僕は、正直言って、
野球ができれば、仕事なんてどうでもいいんじゃないかって思う。
最愛の人がそばにいてくれれば、仕事なんてどうでもいいんじゃないかって気がする。

きれいごとかもしれないけど、
野球を教えることができて、他のなんらかの仕事でしっかり家族を支えられるだけ稼いで、
そして 奥さんが笑顔で過ごせれば・・・・って思う。

いつか、僕がグランドで指揮を執っている姿を最愛の人に見せたい、
そして 最愛の子供にも、親父の勇姿を見せたい。

そういうイメージを描きつつ、生きていく。
Baseball Park の本当の始まりかな。




今日は、七夕

7月7日07年。
つまり 777
という特別な日だった、と思っているのは僕だけかな。

スリーセブンというなんだかイイことがありそうな日。

僕の中で何か特別な日になったことは間違いない。

僕は最近、生きる光を見失っていた。

でも、その光を取り戻したような気がする。

僕は何を目指しているのか・どうなりたいのか。

数年前、僕が将来をイメージしたとき、自分が何をしていたいのかというものをイメージしたとき、
僕が思い描いたものは・・・・・・・・

最愛の人に見せたい姿、最愛の子供に見せたい姿 だった。

それをもう一度、僕の心の中に、イメージとして、目指すイメージとして取り戻したような気がする。

そのために、僕がしなくてはいけないことがある。
それは、自分のプライドを捨てることだ。
このプライドとは、言い方を変えれば ただの意地。
プライドでもなんでもない。

僕には、僕はこうでなくてはいけない、こうでなくてはならない、と思うことが多々ある。
それにより、自分の首を絞めていることがある。
でも、何か期待にこたえたい、自分の言ったことを証明したいという思いがあることは確か。

しかし、それが僕の目指すイメージと違うものであれば、そこに意地を張る必要はないのでは・・・・。

僕にも人生という限られた時間がある。

その人生を楽しむために、僕は つまらない意地を張らない、ってことも大事かなと思った。
たとえ、非難の言葉を受けたとしても・・・・。

自分の道に誇りをもって生きていきたい。

そういう姿を最愛の人に見せたい、と思うから。

そういう気持ちになって、僕の大切なことを少し取り戻した 7月7日07年だった。




<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/21 Fritz Whitney]
[04/30 KJ]
[04/23 Q]
[01/01 army jerseys]
[10/30 KJ]
プロフィール
HN:
KJ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]