忍者ブログ
~Baseball is my life~
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結局、またブログの更新すらできなかった。
忙しかったから・・・・と一言で片付けることは簡単。
ただ個人で自由にやっているブログだし・・・・と片付けることは簡単。
重要なことは、こうしようと思って、決めたことをその通りにできたかどうか・・・。

そういう点では、全くできなかった。理由はどうあれ、できなかったことは事実。
とても情けなく思う。

Baseball Parkと名づけた僕のブログ。
でも、ほとんど野球について書いていない。
これも今の僕を物語っているような気がする。

6月も終わる。
6月終わるころには笑いたいとこのブログにも記した。
どうだろうか。残りはあと1日だ。

最近、感じること。
それは、僕があまりにも無力だということ。
僕は僕自身のことを過大評価していたんだ。

これまで仕事のことでも、いろいろ頭を働かせて、いろいろな出来事に対してその都度 対応し、
変化すべきところでは変化をし、その中で徐々に形にしてきた。。。してきたつもり。
それをじゃあ、実際、実行してみようと表に出た時。
僕はあまりにも無力であることを実感する。

僕には、何もない。
僕の中には何もない。
正確に言えば、この世で、この社会で、何ら証明する力は何一つないということ。
これまでお世話になった人生の先輩方にも言われたこと。
「この世界で何の実績も経験すらない・・・・(そんなおまえに何ができるのか・・・・)」
( )の部分は、その言葉に含まれていると思われる言葉。

でも、これは事実。

僕は、何もできない人間のようだ。

僕の嫌いなこと。
「口だけ」

僕は、今、「口だけ」の男だ。
だから自分が大嫌いだ。

何かと理由をつけている自分も大嫌いだ。

だから、言い訳をしない。

ただ
僕が無力・・・・・ということだけ。ほかに理由はない。
そして、結果 口だけの男ということ。

そんな自分が大嫌いだ。

口だけの理由。
それを打開するだけの経験も知識も、パワーもない。
つまり、無力なのだ。

これは受けとめなくては いけない。

情けない・・・

悔しい・・・・・

でも、これが現実、僕の目の前にある事実なのだ。
それを痛感する日々。。。


PR
殻を破る。

自分にわがままにいこう。

自分自身を殻で覆うのはやめよう。

自分に勝手な都合をつけてでも、殻を破ろう。
勝手な口実をつけて、殻を破ろう。

自分にとって、心身ともに楽になるように、肩の力を抜くために殻を破ろう。

じゃないと、俺は殻の中で窒息してしまう。

自分が自分に対してかぶせた殻など気にしないでいこう。

僕は、こうでなくちゃいけない・・・という殻を破ろう。

別に僕がこうでなくちゃいけない理由など無い。
自分で勝手に自分の首をしめているようなものだ。
それでは、窒息してしまう。

自分にわがままに、自分に都合の良いように、進もう。
楽しく生きよう。
殻を破って、時に自由に、時に我を忘れて・・・・。

でも、これだけは見失わないように・・・・。
僕にとって 大切なことを・・・・大切な人を・・・・。

流れ

流れを掴むことが大事。
だから、流れを読む。

野球では、この流れを掴むことが大事。
読むことも。

ここを抑えればいける。
このイニングは大事、ここで決まる。
この回の攻め、ここだ!!

というように。
それを掴めば、いけるんです。

でも、この流れは、自分で作るものでもある。
野球で唯一流れをコントロールできるのは、プレーヤーではピッチャーだ。
もちろんキャッチャーもできるが、実際にそれを形にするのはピッチャー。

僕は、今、流れを読み、作り、掴まなくてはいけない。

「流れは自分たちで持ってくるもんだろうが!!」
スラムダンクの中で、湘北のガード、宮城リョータが山王戦で言った言葉だ。

そう、、、、流れは自分で持ってくるもの!!
今の僕にはそれが当てはまる。

なんとなく、今、流れを感じる。
その流れを読む、
そしてその流れを呼び込む、・・・・掴む。

きている。
呼び込むか、掴むか、
それは、僕次第。


海の天気は変わりやすい。

よく晴れていたかと思えば、急に雲が出てきて嵐に襲われることもある。

航海を続ければ、荒波に襲われることも、嵐に襲われることは多々あるだろう。
またとても静かな大海原で 気持ちよい日もある。

僕の今の心の中は、まるでその海の天気のようだ。
大きな波が来たと思えば、晴天がすぐさま訪れる。
と思うと、すぐに嵐が起こる。

人生は、よく航海に例えられる。

その人生の中で、僕の今の心の中は、不安定。
これまでの人生の中でもっとも不安定な気がする。

浮き沈みが激しい。

沈没して、海の底に落ちてしまった日もあれば、
そこから小さなボートで一生懸命漕ぎ始めるほどのパワーに満ちた日もある。
荒波を乗り越えて、スッキリした気分のときもあれば、
大嵐に襲われ、必死にもがいている日もある。

時に、それは、日ごとではなく、数時間単位で切り替わる。
晴れ、曇り、雷、嵐、そして晴れ、そして日が沈む。。。

時に、海賊船のようなものまで見えてしまうときだってある。
悪夢である。

そんなとき、船からおりて、船長をやめたくなる。
そして、船長としてではなく、もう違う人種として生きてしまいたくなる。

船長という殻、もしくは、自分自身の殻を脱ぎ捨てて、全く違う新しい人物になりたくなる。
これまでの自分を一切知らない誰かに会い、全く違う新しい人物になりたくなる。

でも、船は進んでいく。
僕が僕である限り。
だから、僕は僕以外の何者にもなりえない。

しかし、思う。
もっともっと船を進めていくためには、僕の中にある何かを壊さす必要があるのではないか。。と。
それは、自分の中で凝り固まったプライドであったり、そこから生まれる正義感やきれいごとかもしれない。
そして、何よりこれまで自分を形成してきた何かさえも、壊さなければいけないのかもしれない。
自分自身のことが嫌になってでも、また周りからどんなに白い目で見られたとしても・・・。

そうでないと、きっとこの荒波を越えることはできないし、きっと目指す島にたどり着くことはできないだろう。

それが生きる術なのであれば・・・・・そうする。

自分自身を嫌いになる勇気、
自分自身を捨てる勇気

持っていたつもりだが、
その勇気と覚悟がもっと、もっと必要なのかもしれない。

ふ~・・・・

笑うなら・・・・笑えばいいさ。。。。

どうせ 心の中では、笑ってるんだろ・・・。

そりゃそうだ。。。真昼間に・・・求人広告を開いて、
無精髭をはやして、まるで リストラされたサラリーマンだ。

もしくは、この年になってやっと就職活動を始めた、世間知らずの若者。。。って感じだろうな。

こっちをチラチラ見て・・・、俺が顔を上げれば、目をそらす。
どうせ、心の中では、皆、笑ってるんだ。。
そんなことくらい、わかってる。
笑えばいいさ・・・・・。

なぜ俺が求人誌を開いているか、知りもしないで、、、、、、
笑うなら、、、、笑えばいい。。

そのうち・・・・・わかるさ。。。

と、家路につく。

俺は、今、どこを歩いているのだろうか。

俺は、人生の何合目あたりだろうか。

今日は、少し疲れたから、何もしないで寝ることにする。。。。

誰か夢に出てこないかな。。。
夢の中くらい、俺の願いが叶ってほしい。。。夢の中くらい・・・・。
夢の中なのだから。。

明日、目が覚めたら、きっとその日がいい日でありますように。。。
僕にとっても・・・・・みんなにとっても・・・・・。

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/21 Fritz Whitney]
[04/30 KJ]
[04/23 Q]
[01/01 army jerseys]
[10/30 KJ]
プロフィール
HN:
KJ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]